前へ
次へ

住まいの買替で役立つ不動産会社のサービス

転宅で住まいを売る時は仲介販売で手放すのも一般的ですが、この方法なら不動産会社が提示した査定額に、ある程度金額を上乗せして売り出すことも可能です。
そのため強気な値段を掲げても、その物件がどうしても欲しいという購入希望者が出現すれば、相場より高い値段で売れます。
その代わり、仲介販売は売れ残る可能性もあるので、もしも売れなかった場合は転宅スケジュールにも影響が出ます。
その状況で効果を発揮してくれるのが買取保証であり、これは仲介販売で物件が売れ残った場合、不動産会社が購入してくれるサービスです。
なので仲介業者を選ぶ際は、このサービスの有無も視野に入れておくと良いでしょう。
そのほか、不動産会社によってはつなぎ融資といったサービスを提供している場合もあります。
これは仲介販売中の物件が売れて現金が手に入るまでの期間、一時的にお金を貸してくれるサービスです。
先に転宅先を購入したい時に重宝するため、必要ならこのサービスにも着目しておきましょう。

Page Top